デイサービスの派遣

派遣看護師が派遣される職場には、いろいろありますが、一番多いのは福祉系の職場ですね。
その中でも、デイサービスへの派遣はとても多いです。

 

現在、多くのデイサービスの職場では看護師が不足しています。
常勤の看護師がいない職場も沢山あり、職場側は、派遣の看護師に頼っているといった現状ですね。

 

デイサービスでの仕事は、看護というよりも介護の仕事が中心となります。
朝、患者さんが到着してから、順番にバイタルチェック、トイレ誘導、リハビリや入浴などの仕事を行います。
デイサービスにも種類があり、認知症専門や、重症度の高い方を受け入れているところもありますが、
ほとんどのデイサービスは、介護度が低く、比較的に健康な方が多いですね。

 

デイサービスのような福祉系の職場では、介護士が中心となって働いています。
スタッフの人数も、看護師よりも介護士のほうが多い職場がほとんどですね。

 

高齢者の方を対象としている福祉系の職場というのは、病院とは雰囲気が全く違いますから、
初めて働く方は物足りないと思うかもしれません。
バタバタした雰囲気というは全くなく、患者さんとゆっくり関わりながら、生活の介助をする仕事なので、
高齢者の看護に興味のある方にとっては、とてもやり甲斐のある仕事だと思います。

 

現時点でも、デイサービスでは看護師が不足していますが、今後、高齢化社会が進む事により、
ますますデイサービスでの看護師の需要は増えてくる事が予想されます。
デイサービスの仕事は、患者さんの送迎時間が決められていますから、残業もほとんどなく、規則的に働く事ができます。
患者さんとじっくり関わる事ができて、落ち着いて仕事ができるので、ママさんナースには向いていると思いますね。